ぎんなん幼稚園ブログ

甘〜い?酸っぱ〜い?

投稿日
2011/11/08 13:49

こんにちは 副園長 綴喜です。

 

 

本日、11月の遠足「みかん狩り」に行ってきました。

 

 

さあ、今年のみかんは甘かったかな?それとも酸っぱかったかな?

 

夏の時期の気温や雨量によって、甘かったり酸っぱかったり。

 

 

でも、どちらでもみんなと食べるみかんは美味しいですね。

 

 

大きいみかんをめがけていく子や、よく見て吟味している子、みかんよりも走りまわって遊んでいる子など

様々な人間模様を垣間見ることが出来ました。

 

 

みかんの味とみんなで楽しい時間の思い出が混じり合って、忘れられない遠足となったことでしょう。

 

 

今日のおみやげ

 

 

 

ちなみに、私も幼稚園時代に進藤みかん園さんに遠足に来たことを覚えています。その時のみかんの味?までは覚えていませんが、かなり鮮明に記憶しています。不思議ですね。

ブログ, 行事

足裏診断

投稿日
2011/11/07 12:28

こんにちは 副園長 綴喜です。

 

11月もまもなく中旬となります。とても気持ちの良い時期ですね。

 

本日は、STUDIO PIVOT 様 にお越し頂き、子ども達の足裏診断測定を実施させていただきました。

 

今回は、試験測定ということで、学年から1クラスずつ 計2クラス(年長・年中)の実施でした。

 

 

子ども達の足裏の状況を踏まえ、どのように成長しているのか、実際に目で見て判断できることはとても有意義なことです。

 

 

はだし教育や姿勢、運動といった 生きていく力の源となる 体のバランスが足裏でわかるのです。

 

 

 

今回は試験測定ですので、今後、全園児の測定ができるように現在検討している段階です。

 

 

今後も子ども達の成長のためにをモットーに、新たな取り組みをしていく方向でいます。

ブログ, 日常

話し方!

投稿日
2011/11/05 16:59

こんにちは 副園長 綴喜です。

 

 

本日は、「幼児教育講演会」でした。先日ご紹介いたしました「野口先生」にお越し頂き、「話し方」についてご講演いただきました。

 

 

子どもが家庭に望んでいることとは?

 

 

 

 

 

「団欒」=コミュニケーション(通じ合い・伝え合い)

 

そのためには、

 

1、正対正視 

最近、目を合わせない子どもが増えている・・・。

2、反応・評価

聞く側の反応を感じているか・・・。

3、反応・交流

 

そして、

話し方でとても大切なことは、内容である。

くだらないことを、上手く話せても中身がない。

 

内容も、 個性的 でかつ 深さ が必要。

 

家庭で子どもと深い話ができることが重要である。

 

〔話し方の技術〕

1、簡潔、明快

①○の多用 点の節約

②結論予告

③箇条話法

 

観念的理想論にだまされないで、体験的現実論が本物です。

 

《下手な話し方》

1、自慢話

2、悪口、陰口

3、1人語り

 

 

という内容のご講演でした。いつもながら、熱くかつ楽しくそして硬派な内容に共感共鳴させていただきました。

ご静聴ありがとうございました。

 

午後は、職員研修。内容は、午前中の内容+話し方実践でした。

 

ん〜 とても勉強になりました。○の多用、実践って難しいですね・・・。

ブログ, 行事

ポイント!?

投稿日
2011/11/04 12:53

こんにちは 副園長 綴喜です。

 

 

先日、鼓笛についてお話いたしました。

 

 

今日は、すこし深掘りして「語り」たいと思います。

 

 

鼓笛の隊形で大切になってくるのが、このポイント。↓

 

 

まるく形取ったものが目印となり、子ども達が隊形移動します。

 

 

 

実は、学年があがればあがるほど、このポイントの数が少なくなっていくのです。

 

 

年長組にもなると、必要最小限の数のみ。あとは、感覚で前後左右を感じながら、移動していく。

 

 

 

上から見ると、パズルのようで、とても見応えがあります。

 

 

 

ひとりひとりの移動の動きが全く違う。しかし、連帯感がある。

 

 

 

それこそ鼓笛の醍醐味。頭で考えていては遅いので、感覚で覚えていく。これぞ感覚教育!(大げさか?)

 

 

 

しかし、日々の活動での基礎基本がなければ、ここまでにならない。まっすぐ並んだり、相手との距離を感じたり、実は毎日の朝礼や体操などで培っていくものなのです。

 

 

 

12月14日(水)の鼓笛フェスティバル。自分のお子様だけでなく、全体の動きにも注目してください。鳥肌がたちますよ。

 

 

また、機会があれば隊形についてもお知らせします。あまりお伝えすると本番の楽しみがなくなりますが・・・。

ブログ, 語り

良い声って?

投稿日
2011/11/02 09:57

こんにちは 副園長 綴喜です。

 

本日は、お寺の仕事で幼稚園には出勤していません。

 

 

しかし、幼稚園からは子ども達の良い声が響いています。

 

 

良い声って? 誰が聞いても美しくまた良いと思える声が良い声でしょう。

 

 

一般に幼児の歌声などを聞くと、どなっていたり、音程がとれていなかったり、そんな状態なのに大人達は「元気があるね」とか「子どもらしい」などとほめたたえる。

 

 

わたしは、ほめたたえているのではなくて、子どもを馬鹿にしている と思っています。

 

 

だって、子どもたちはもっともっと大人が思っている以上にできるのに・・・。

 

 

どうしても大人目線で考えがち。

 

 

違うのです。子どもの可能性って。もっともっと大きいのです。

 

 

大人がこんな程度かな?と思って与えたことが、実は子どもにとっては足りなかったこと、たくさんあります。

 

 

だから、子ども達から学ぶのです。

 

 

良い声それは 気持ちの良い声 😛 でしょう。そんな子どもたちの良い声を聞きながら、仕事ができる。

 

こんな職業って最高!

ブログ, 語り

「地震発生・・・」(避難訓練にて)

投稿日
2011/11/01 11:45

こんにちは 副園長 綴喜です。

 

「地震発生、地震発生・・・・」

 

去る3.11に実際に放送を流したことを思い出します。

 

本日は避難訓練。(地震バージョン)

 

 

6月に行った避難訓練では、全園児が園庭に避難するのに掛かった時間が9分

 

 

今回はどのくらいかかるのだろう。目標は2分30秒〜3分。

 

 

 

さあ、避難開始。

 

 

 

 

担任の指示に従い、子ども達が一斉に園庭へ。

 

 

 

「○○組揃いました。・・・」

先生達の報告が次々と行われる。

 

 

さあ、全園児避難完了。

 

 

 

なんと避難時間は、3分でした。子ども達の成長の中で、先生の指示に従う、規律の中で行動が速やかな移動に繋がったのだと思います。すばらしい!

 

 

「お・か・し」の約束を守って避難できましたか?

 

 

いつ来るかわからないが、「備えあれば憂い無し」。今後も様々なことを想定して、取り組んでいきたいと思います。

 

 

※ことり組は鼓笛練習のため、山の上グラウンドにて避難しました。

ブログ, 日常

講演会のご案内

投稿日
2011/10/31 17:15

こんにちは 副園長 綴喜です。

 

今週の土曜日。幼児教育講演会を開催します。

 

講師は、毎年恒例の野口芳宏先生です。

 

 

野口先生には毎年この幼児教育講演会にお越し頂いています。

 

当園の講演会にお越し頂いて、7〜8年が経ちます。

 

初めてお会いしたとき、先生の講演を聴いて、鳥肌が出たのを覚えています。

 

なんて、教育に対して真剣なんだと。

 

やさしさのなかに 芯がある。とはこの方を言うのではないかと。

 

そんな訳で、なが〜いお付き合いとなり、今まで様々なご指導を賜ったわけです。

 

 

今回の講演のテーマは、「話し言葉 書き言葉の心と技術」と題して、

 

パソコンが世にでてきてから、なかなか手紙を書くという習慣がなくなってきましたね。

 

メールなどの便利なものを利用することがかえって不便さを実感することもあるのかなぁと。

 

また、言葉の大切さも少しずつ薄れ、敬語や書き言葉など、普段何気なく使っている言葉が、あっているのかまちがっているのか、振り返ることもない。

 

そんな言葉の大切さを今回は語って頂きます。

 

是非みなさまのご来園をお待ちしております。

ブログ, 行事